その他

その他

プロ書店員が推薦、仕事に役立つこの一冊、『波止場日記―労働と思索』ほか、古典を見直して仕事の基本を知る、ブックファースト、渋谷文化村通り店リーダー、山城真一さん

 今回の1冊目は、『波止場日記―労働と思索〔新装版〕』(エリック・ホッファー著、田中淳訳、定価2940円/みすず書房)です。著者のエリック・ホッファーは、1902年ニューヨーク生まれ。15歳までほとんど盲目に近かったのに、あるとき突然視力が戻り、読書に没頭したことがきっかけで書くことにめざめました。この本は、そんな著者が港で働くかたわら、58年から59年にかけて書いた日記をまとめたものです。  最 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月12日