ハウス・住設

その他

念じるだけで家電を操作、積水ハウスがNTTなどと技術開発

 積水ハウスは1日、NTTや慶応大学などと進めてきた「ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース(BMI)」研究開発で、一部の機能を一般生活に適用できると発表した。BMIは脳と計算機・ロボットなどを直接結びつける技術で、強く念じることで機械を操作することができる。頭皮にセンサーを接触させるだけで外科手術を必要としないため、導入に当たっての障壁が低い。同社の実験では、住宅内の電動車いすの移動や家 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月12日