統計・データ

その他

3割が売上減見込む、中国市場の魅力低下、帝国データ

 帝国データバンクは11月5日、「中国との関係悪化に関する企業の意識調査」を発表した。それによると、企業の29.6%で悪影響があると回答し、3社に1社が悪化前に比べて売り上げの減少を見込んでいることがわかった。  業界別では、製造と運輸・倉庫が約4割、輸送用機械・器具製造では61.2%が悪影響を懸念している。不動産は悪影響が19.2%、「影響がない」が54.8%だった。  中国で直接事業展開する企 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月12日