行政

その他

資産の世代間移転、促進へ検討会設置、国交省

 国土交通省は14日、不動産など資産の世代間移転を促進するための検討会(座長=清水千弘・麗澤大学教授)の初会合を開く。高齢者が保有する資産を子や孫など若年層に早期移転するための方策を話し合う。来年3月までに3回程度の会合を開き、年度内に新たな支援方策など方向性を出す。  約1500兆円にのぼる個人金融資産を流動化することでデフレ脱却を図る。日本再生戦略では今年度中に資産移転促進のための具体策を検討 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月12日