行政

その他

中心市街地活性化、土地利用など議論、経産省が有識者会議

 経済産業省は8日、中心市街地の活性化に向けた有識者会議(座長=大西隆・東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻教授)の初会合を開いた。改正から6年が経過した中心市街地活性化法(中活法)の効果を検証するとともに、現行政策の見直しを含めた検討を行う。12月に論点整理をまとめる。  中心市街地の活性化をめぐっては政府の日本再生戦略にも「現行政策の検証」が盛り込まれた。有識者会議では中活法にとどまらず、政 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月12日