行政

その他

政府税調資産課税政府案まとまる

 政府の税制調査会は9日開いた5回目の会合で、資産課税(相続税、贈与税)と所得税見直しの政府案を固めた。民主、自民、公明の3党合意を経て成立した税制抜本改革法では、資産課税や所得税引き上げのための具体的な措置を今年度中に講じるとしている。政府案は同日民主党に委ねられ、今後は政党間での折衝が本格化する。  相続税は「5000万円+1000万円×法定相続人数」としている現行の基礎控除額を「3000万円 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月12日