行政

その他

不当な鑑定評価で不動産鑑定士6人を処分

 国土交通省は2日、不動産鑑定士6人に業務停止1年間などの懲戒処分、不動産鑑定業者1社に戒告の監督処分を行った。現物出資制度を悪用した偽計事件に関連し、現物出資の対象となった不動産に不当な鑑定評価を行ったことなどが理由。  また、国交省は同日付けで日本不動産鑑定士協会連合会、日本不動産鑑定協会に対し、それぞれの協会に加盟する会員が鑑定評価業務を適正に実施するよう要請した。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月12日