不動産流通・売買・仲介

その他

流通大手、仲介店舗の出店加速、三井不リアル東急リバブル増税後など見据える

 不動産流通大手の仲介店舗の出店が全国で相次いでいる。住宅ローンの低金利を背景に住宅購入意欲の衰えない消費者動向をチャンスと捉える。消費増税後には新築分譲マンションから中古マーケットに流れると見られる顧客も見据えながら中古流通事業の拡大路線を鮮明に打ち出す。  三井不動産リアルティは、9月末時点の全国ベースの店舗数が265店と前年同期に比べ6店舗増加した。足元では4月の東京・目黒に続く三井不動産グ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月12日