分譲

その他

アスコット、バリューアップ再販に進出、収益不動産を1棟単位で

 アスコットは、収益不動産のバリューアップ事業に進出する。ビルやマンションなど収益力が低下している不動産を取得し、ハード・ソフトの両面で再生。稼働率を高めて個人投資家向けに販売するビジネスモデルで、「リセール事業」と名付けた。今後1年間で5棟ほどを再生し、将来的には年20棟ペースに拡大する考え。  バブル期に建設された物件が築25年前後となり、需要があると判断した。個人投資家を対象とするため、50 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月12日