開発

その他

13年3月期第2四半期決算、住宅、管理も好調、経常益2.3倍増、大京

 大京の第2四半期は、マンション計上戸数の大幅増加と、好調に推移した請負工事や流通事業の建て直しが寄与して、売上高は393億円(33.5%)増収、59億円増益した経常利益はほぼ倍増した。「マンション市場は1次取得者を中心に引き続き堅調」(同社)なものの、景気回復の減速感などで好不調物件が鮮明になる二極化の兆しもあり、通期業績予想は期初通りとした。  連結売上高は1567億円、営業利益は114億円( ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月5日