分譲

その他

更生手続き終了で新経営体制が発足、日本綜合地所

 日本綜合地所は10月31日、東京地方裁判所から更生手続き終結の決定を受けた。これに伴い新たな経営体制を構築。管財人代理の下村俊治代表取締役が社長に就任。管財人の押川雅幸大和地所社長が代表権のある会長に就いた。  今後も、従来から培ってきた独自の商品企画力を基に、首都圏各地でマンション分譲を行う。  同社は10年3月に更生計画の認可を受け、大和地所(横浜市中区、押川雅幸社長)をスポンサーに再建を進 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月5日