行政

その他

今後の住宅税制、国交省から聴取、自民党

 自由民主党は1日、住宅土地調査会(金子一義会長)を開き、消費増税による住宅税制への影響などを国土交通省から聴取した。近く不動産協会など業界団体に対するヒアリングも実施し、今後の住宅税制のあり方について党としての意見をまとめる。  前回の消費税引き上げでは、駆け込み需要とその反動で住宅着工が大きく落ち込んだ。今回も年明けから駆け込みの動きが強まるという観測があり、委員からは「国交省が財務省に要望し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月5日