ハウス・住設

その他

海外事業を本格化、大手住宅初受注や試作棟・工場竣工で、パナホーム3年後に売上100億円

 大手住宅メーカー各社は海外事業を本格化する。パナホームは10月、台湾で初となるマンション建設を受注、11月にはマレーシアで戸建住宅試作棟を竣工し請負受注の営業活動を始める。積水化学工業住宅カンパニーは来年3月にタイの戸建て工場を竣工し、受注活動を本格化する。ミサワホームも9月に中国で第1号となるモデルハウスを竣工した。  パナホームは10年3月、台湾にマンション内装などを行う現地法人・パナホーム ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月5日