不動産流通・売買・仲介

その他

首都圏ワンルーム、年間新築供給5500戸ペース、東京カンテイ調査中古6年ぶり1千万円割れ

 東京カンテイは、2012年の首都圏投資用ワンルームマンション市場を調査・分析した。今年1~9月の新築供給戸数は4072戸と前年同期に比べ991戸増えた。 平均価格は07年以降、2300万円前後の水準であり、緩やかながら上昇傾向にあるとし、年間では5500戸程度になる見通し。ただ、宅建業法の規制強化などを受けて供給が増加する地合いではないと見ている。  供給地の81.9%を東京23区で占めるものの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月5日