不動産流通・売買・仲介, 統計・データ

その他

政府税調、重点項目を整理、「資産課税」「住宅消費税」軸に

 政府の税制調査会は31日開いた4回目の会合で、年末の税制改正大綱の取りまとめに向けて中心的に議論する重点項目を確認した。来年度の税制改正に方向性を盛り込む所得税の最高税率引き上げ、資産課税(相続税、贈与税)の見直し、消費税引き上げに伴う住宅取得支援措置を話し合う。  民主、自民、公明の3党合意を経て8月に成立した税と社会保障の一体改革法では、所得税、資産課税ともに「今年度中に必要な法制上の措置を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月5日