ハウス・住設

その他

旭化成ホームズ、上期受注過去最高に、前回消費税駆込時上回る初の2千億円超え、売上、利益最高に、第2四半期業績

 旭化成ホームズの13年3月期第2四半期受注高は前年同期比9.5%増の2075億円で、消費税率上昇前の駆け込み需要が発生した96年同期を上回り過去最高となった。受注高は初めて2000億円を超す。同社では理由に、営業1人当たりの生産性向上を挙げている。受注件数が最低水準だったリーマンショック直前と比較して50%増となっているという。  内訳は戸建てが1676億円(前年同期比7.2%増)、集合が399 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年11月5日