行政

その他

資産デフレの経営への影響/不動産業、7割が「マイナス」/経産省調査/地価水準 消費減少に直結/「今後も下落」大勢

 経済産業省は「資産デフレが企業・家計に及ぼす影響」に関するアンケート調査の結果をまとめた。従来のマクロ分析的な視点ではなく、企業や家計が実際にどう捉えているかを把握するため実施したもの。調査では、資産デフレの影響について、建設・不動産業の約7割が「マイナスの影響大」と回答。下落が続く地価水準については、今後も横ばいか下落するとの見方が大勢を占めた。一般消費者については、地価下落などが消費支出の減 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年11月6日