ハウス・住設

1面トップ

“温故知新”町屋に学ぶ/都市型商品に新傾向/狭小密集地での快適さ追求

 京町屋が現代によみがえる―。相次いで「町屋」の要素を取り入れた都市型住宅が発売されている。住宅が密集する狭小地が多いという現在の都市の住宅事情が、京町屋が発達した江戸時代の住宅事情と多くの点で似通っているからだ。各社の商品に共通しているのは、いかに光と風を取りこむかに力を入れている点。広々とした空間が取りにくい狭小密集地にあって、快適な暮らしを追求している。また、防犯上の問題などから、外からは間 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年11月6日