ハウス・住設

その他

S×L、千葉・稲毛でスマートタウン、本社主導分譲の初弾

 エス・バイ・エルは22日、千葉市稲毛区で開発中の「スマートハウジングなのはなin稲毛」(全53区画)のモデル棟を公開。10月13日から販売を開始する。  創エネ、省エネ、蓄エネのアイテムを備えるとともにコミュニティー全体でエネルギーを自給自足するスマートタウンで、本社が主導する大規模分譲の初弾となる。  建売分譲の全棟に太陽光発電システムと家庭用蓄電池、HEMS(エネルギー管理システム)などを導 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年9月24日