その他

連載

2012年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、訴訟大国でのリスクマネジメント、売り手と業者に情報開示義務

 米国ではここ数年、ショートセール(含み損物件の売却)や、差し押さえ物件の取引が増えているが、これに伴って不動産の仲介斡旋エージェント(以下、エージェント)が訴訟にかかわるケースが目立っている。一般物件の売買取引に比べ、こうした瑕疵かし物件の売買取引では、多様なリスクが発生することから、エージェントのリスク・マネジメントが注目されている。 ■不況でトラブル増加、業界団体は統一書式奨励 ●不動産 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年9月24日