開発, 分譲

連載

ワンポイント時評(966)/総合地所「リフレの杜」最終街区/1階中央にインナーテラス配置/随所にユニークな設計

 先日、1年ぶりに「リフレの杜」(JR宇都宮線新白岡駅徒歩3~5分)を訪ねた。総合地所が10数年前から販売している白岡ニュータウン(一戸建てとマンションで計画総戸数1261戸)の最終街区が「リフレの杜」である。ニュータウンの一等地ともいえる立地であり、計画戸数は240戸で全て一戸建てである。\n 本紙でも報道されたように、昨年後半から街のデベロッパーの団地型建売住宅で高い契約率をマークする事例が目 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月30日