その他

特集

【防災特集】、オフィスビル、ハード・ソフトで事業継続支援、非常用発電相次ぎ増設

 大手デベロッパーがオフィスビルの防災対策を拡充している。もともと大手デベが保有・管理するビルの多くは免震や制震を含めて高い耐震性能を備え、ソフト面の防災対策も講じているが、震災の経験を踏まえてテナントニーズが急速に高まった非常用発電機の能力を引き上げたり、テナント企業のBCP(事業継続計画)支援体制を強化する動きが目立っている。  森ビルが震災直後の昨年4~5月に実施したオフィスニーズ調査による ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年9月10日