開発, 分譲

特集

【防災特集】、マンション、備蓄倉庫、非常用電源、入居者コミュニティー形成支援、災害時の自立生活へ備え進む

 東日本大震災では命を守る“器”としてマンションの耐震性が再認識された一方、エレベーターや給水といったライフラインの断絶をはじめ、高層マンションで感じた大きな揺れなど、マンションに求められる防災対策の必要性もあらためて認識されることになった。デベロッパー各社は震災直後から地盤対策や建物の耐震強化を含めたマンションの防災対策の拡充に一斉に着手。安全性のアピールに懸命だ。震災から1年半が過ぎ、マンショ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年9月10日