ハウス・住設

特集

【2×4住宅特集(10月24日はツーバイフォー住宅の日)】新たなステージに挑戦/オープン化から30年/一般工法として定着

 2×4工法(枠組壁構法)が昭和49年にオープン化されて今年で足掛け30年になる。北米の工法である2×4工法を日本に導入する背景となったのは、拡大する住宅市場に対応できる合理的な工法が求められたため。昭和30年代から始まった高度経済成長の波は40年代に入ると加速し、経済成長を背景に住宅政策は持ち家政策に転換、住宅産業時代が幕を開けた。\n 昭和41年にスタートした住宅建設第1次5ヵ年計画では「1世 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月30日