その他

連載

【ひと】高齢者・相続・人権など諸問題に取り組む、壱岐坂下法律事務所弁護士小倉保志さん

 少子高齢で日本の構造的なゆがみが顕著になり始めた。影響は住宅・不動産業界にとって小さくはない。住宅の売れ行きが鈍るだけでなく、地方の過疎化や空き家と並んで不動産相続に注意を払うことが必要だと警鐘を鳴らす。  第一東京弁護士会に所属。専門分野は高齢者問題で、相続問題にも詳しくスムーズな相続へ向け遺言に力を入れる。相続で争いに発展しやすい不動産というフィールドでサービス提供する不動産会社や信託銀行に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年9月10日