その他

連載

2012年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、安定成長続ける米国REIT、堅実な投資市場として経済けん引

 今年11月の大統領選で再選をめざすオバマ大統領は、中間層に向けた雇用拡大と減税をスローガンに掲げている。しかし、低迷する国内経済への改革策は一向に見えない。市場では失業率が高止まりする中で、景気回復に向けた一進一退の動きが続いており、先行き不安の払拭にはほど遠い。そうした中、2012年後半の不動産投資市場に向け米国REIT(リート)は安定した収益を続けている。 ■株式市場の「代替」から脱却 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年8月27日