賃貸管理

連載

短期賃貸借制度廃止の影響とは(4)/制度廃止で賃貸市場は拡大

 短期賃貸借保護制度(民法395条)が廃止されると、抵当権設定後にアパートに入居した借家人にとって、抵当権の実行により借家権が消滅する。競売によってアパート所有権を取得した買受人が立退を求めれば、明渡猶予期間後はこれに応じざるを得ない。また買受人から敷金返還を受けることもできなくなる。\n 一部には、法改正は借家人に不利に働き、賃貸住宅需要は減退し、市場が縮小すると誤解する向きがあるように聞く。以 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月30日