不動産流通・売買・仲介

特集

不動産流通特集】台湾人、実需から投資へ、海外投資家が再び意欲

●「潮目は変わった」  台湾最大手の仲介グループである信義房屋不動産(東京都渋谷区)は、主に台湾現地在住者に日本の不動産を仲介している。現地最大手のネームバリューとネットワークを活用して台湾人に物件を紹介する。  林えん宏(りんえんほん)社長は「今年に入ってから台湾人のマンションや商業ビルの買い意欲が本格的に戻ってきた」と強調。毎月15件前後の成約と好調だ。震災に持ちこたえた物件の信頼性は高く、1 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月30日