不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】復興元年の外国人需要、不動産の安定性に魅力

 東日本大震災から1年5カ月が過ぎようとしている。震災直後、脱出を試みる外国人は、東京入局管理局に押し寄せて再入国ビザの申請に長蛇の列を作るなどパニック気味の反応だった。国内外の投資家が凍りついて回復基調にあった日本の不動産市場も取引が滞った。だが、一斉に日本から姿を消した外国人も、ビジネスマンを中心に昨年夏あたりから徐々に日本に戻り始め、日本売りの様相はひとまず収束した。現状では再び日本への投資 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月30日