不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】首都圏中古マンション市場、人気エリアで取引活発化、価格調整進み、購入意欲増す、ビジネス機会拡大に期待

 東日本大震災を受けた2011年度の売買仲介は、4月以降、地域によって非常に値付けに苦労した。特に液状化現象が深刻だった千葉県の浦安市や美浜区などでは「取引が一時期全く成立しなかったり、売り物が出続けて昨年夏ごろまで仲介取引自体が停滞していた」(地元不動産会社)。だが、不動産調査会社の東京カンテイの調査をみると、首都圏全体では昨年3月と4月に物件取引が大幅にダウンしたあと、徐々に増えて秋以降にかな ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月30日