その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(903)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、ほぼ買受可能価額で個人が落札敷地面積の問題で業者入札せず、昭和44年築、南青山のマンション

 分譲マンションは昭和40年くらいから出現している。初期のころには、区分所有法が制定されて間もない状況でもあり、権利関係に問題がある物件もある。  7月19日開札対象の中に港区南青山に立地する敷地利用権が借地権のマンションがあった。このマンションの築年は昭和44年で、専有面積約17坪の1LDKの部屋である。  売却基準価額は1505万円で、買受可能価額は1204万円であった。この立地にして、買受可 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月30日