団体

その他

ケン、タイセイなど、4強が出そろう、不動産健保野球

 東京不動産業健康保険組合事業所対抗野球大会は25日、開幕2日目を終え、4強が出そろった。  1部準々決勝では日本財託グループの制球力ある新人投手が先発。優勝候補のタイセイ・ハウジーBを相手に先頭打者本塁打と追加点で終盤まで、3-0でリード。しかしタイセイは同点に追いつき、サドンデス方式(1死満塁で双方表裏で攻撃)により辛くも1点差で逆転した。  2年間、優勝から遠ざかっているケン・コーポレーショ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月30日