行政

その他

今後の国土づくりで提言、都市計画学会と土木学会

 日本都市計画学会と土木学会は25日、これからの国土づくりと災害からの速やかな復興に向けた提言を発表した。同日、羽田雄一郎国土交通相に手渡した。  大規模災害からの復興に関する基本的な制度体系を確立し、復興手続きの簡素化を図ることなどが提言の内容。両学会は合同で地域地盤再構築連携委員会(委員長=岸井隆幸日本大学教授)を設置し、議論を進めてきた。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月30日