行政

その他

保険加入世帯、6割が消費増、地震保険で消費に明暗、震災被災世帯の動向調査

 東日本大震災で被災した世帯のうち、住宅が全壊した世帯ほど消費を減らしているが、地震保険に加入していた世帯では消費が増加する傾向にあることが政府が27日に閣議決定した「年次経済財政報告」でわかった。  住宅被害別に震災後の消費行動をアンケートした。住宅が全壊(全焼)した世帯は、震災後の消費が「大きく減少」したという回答が17%と最も多く、被害がなかった世帯の6%と比べると3倍近い開きがある。  た ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月30日