賃貸管理

その他

賃貸住宅の陳腐化防げ、競争力”サービス”で維持向上、物件に明確なコンセプト

 「特徴のない賃貸住宅では客付けに苦しむし、数年で競争力は落ちる」。最近、賃貸市場でよく言われる言葉だ。賃貸住宅の空室率は全国平均で2割を超えており、これからの賃貸経営はなんらかの工夫をしなければ入居者確保は難しい。リフォームなどで流行の設備や仕様を取り入れるだけではなく、物件そのものの「特徴」を明確に打ち出して、ハード面だけでなく入居者サービスも含めた総合力を高めなければならない。とはいえ、そう ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月30日