不動産流通・売買・仲介, 団体

1面トップ

合格ラインは35点か/宅建主任者試験/約17万人が受験/前年度とほぼ同数/減少傾向止まる

 平成15年度宅地建物取引主任者試験(宅建試験)が19日、全国47都道府県で午後1時から一斉に行われ、前年とほぼ同数の16万9625人(速報値)が受験した。受験率は、80・7%だった。合格点は何点か。問題のなかには、民法のその他の設問のなかで、難問があったものの、本紙は「35点」の可能性が高いと見ている。試験結果は12月3日、試験実施機関の(財)不動産適正取引推進機構から発表される。\n\n■本紙 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月30日