開発

その他

テナントに“見える化”提供、興和不動産全国50ビルで

 興和不動産は、自社保有する全国のオフィスビル約50拠点に、テナント企業の使用エネルギーを見える化するシステムを導入する。日本ファシリティ・ソリューションの提供する「アットエナジー」を基盤に、同社のビル管理システムを連動したASPサービス。入居する約400のテナント企業はエネルギー使用量とCO2排出量を過去の履歴を含めて閲覧可能で、簡単な操作で省エネ法などの対応に必要なデータを把握することができる ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月23日