その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(903)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、2物件に入札なく特別売却に回る駅から遠く旧耐震なのが共通点、マンション入札にばらつき

 東京地裁では、競売対象物件の約3分の2がマンションである。  そして、そのマンションの競落率は居住用でない特殊な物件以外は、ほぼ100%に近い状況で推移してきていた。しかし、このところややその入札傾向に変化が見られる。  7月5日開札で、大量40本の2番人気の本数を集め落札されたのは、JR総武線「新小岩」駅徒歩約7分のマンションであった。築11年と比較的新しいこともあってか、売却基準価額の60% ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月23日