賃貸管理

特集

【賃貸管理ビジネス特集】賃貸物件の付加価値向上、「つながり」がキーワード、パナホーム短期賃貸拠点にアパートネットワーク、旭化成ホームズ付加価値高めた入居者サービス

 賃貸住宅の付加価値向上を図る取り組みが目立ってきた。大手住宅メーカーのパナホームと旭化成ホームズでは、入居者満足向上のため、さまざまなサービスを考案する。キーワードは「入居者同士のつながり」だ。  パナホームは、女性向けの賃貸住宅ブランド「ラシーネ」を立ち上げ、同時に女性を対象にした短期滞在型賃貸「おためしステイ」も土地活用向けに商品化した。  昨年6月、東京・吉祥寺エリアに開設した女性向けの短 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月16日