賃貸管理

特集

【賃貸管理ビジネス特集】賃貸住宅の商慣習に新たな動き、原状回復費の定額償却、首都圏でも徐々に普及、敷引有効判決が呼び水

 昨年3月と7月の最高裁判決で西日本を中心に商慣習として一般化している「敷引特約」の有効性が認められた。それを機に、賃貸住宅の原状回復の際に敷金や礼金から一定金額を償却して充てる、敷引に近い方式を採用する会社が首都圏でも目立つようになってきた。原状回復の「通常損耗」と「それ以外」の範囲があいまいで分かりにくいために発生する敷金返還トラブルを、契約時に内容を明示して定額償却(徴収)する旨を伝えること ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月16日