開発

その他

平河町の山形県宿舎、跡地にホテル230室、アパグループ

 アパグループは、東京・平河町の山形県東京宿泊所月やま会館跡地土地活用コンペで優先交渉事業者に選定され、このほど基本協定を締結した。  山形県の持つ会館跡地544平方メートルをアパホームが今年9月1日から定期借地で70年間借り受け、15階建て延べ4000平方メートル、230室のホテルを建設する。  立地は、地下鉄半蔵門駅徒歩3分、麹町駅4分、永田町駅7分。アパホテルが同社から建物を借りて運営する計 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月16日