開発

その他

大規模ビル空室率、渋谷4.2%に低下、三幸エステート調べ

 三幸エステートが6月末に調べた東京都心5区の大規模ビル(基準階面積200坪以上)空室率は7.21%で、前月に比べて0.05ポイント上昇した。上昇は4カ月連続だが、上げ幅はわずかにとどまり、過去最高を更新していた現空面積(契約後すぐに入居できる空室)は4カ月ぶりに増加に歯止めがかかった。  区別ではIT・ソフトウェア関連の需要が集中する渋谷が4.2%の低水準まで改善する一方、需要を上回る大量供給が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月16日