行政

その他

規制・制度改革方針を閣議決定

 政府は10日、規制・制度改革の方針を閣議決定した。住宅・不動産関連では、テナント入居部分の内装を除き工事が終わっているビルの仮使用承認を迅速化すること、現在は工業地域などでの設置が認められていない大規模集客施設の規制の見直しの2つ。  政府は行政刷新会議の規制・制度改革委員会で検討を進めてきた。今後も四半期ごとに進捗状況を確認する。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月16日