その他

連載

地域を訪ねて 顔・会社(194)、尾形地所、鳥海和夫さん、街が変化する浅草橋でビジネス

 鳥海社長が証券会社から縁あって尾形地所に入社したのが20年前。「敷金・礼金の意味も分からなかった」とまったくのゼロからの出発だった。しかし、「自分を売り込む仕事という面では一緒だった」と前職で培った営業のノウハウが役立ち、10年前に社長に就任した。  同社がある東京・浅草橋は古くからの問屋街として有名だが、近年は経済情勢の影響による流通形態の変化などで問屋を中抜きしてメーカー直販で対応する業者が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月9日