行政

その他

集合住宅の再生、最終報告の骨子まとまる、国交省

 集合住宅の再生技術などを話し合う国土交通省の勉強会(座長=村上周三東京大学名誉教授)は4日、最終報告の骨子をまとめた。  骨子では、区分所有者や管理組合向けの情報提供を行うとともに、マンション管理会社など専門家に対しても再生技術の情報を提供することの必要性について触れ、勉強会の成果として作成する「技術シート」を公開してこうした活動に役立てるとした。  技術シートは、「耐久性・耐用性」「環境・省エ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月9日