ハウス・住設

その他

住友林業、都市圏で3階建て強化、モデルハウスや営業所新設

 住友林業は三大都市圏への攻勢を強める。東京では09年度から続くトップシェアの継続、大阪はシェアトップの獲得、愛知ではシェア3%から4%への上積みをねらう。  原動力となるのは都市型の3階建て、4階建てだ。東京では2011年度上期に484棟を着工。トップを維持したものの、2位の会社との差はわずか8棟。「これまで2階建てでは他社を圧倒していたが、3階建てや4階建てといった都市型住宅は弱点となっていた ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月9日