その他

連載

不動産金融のチカラ、75、加速する情報インフラ整備、澤田考士

 日本の不動産投資市場は、市場拡大や法規制の整備進展などによって情報開示が充実してきた。  かつて主流であった不動産への直接投資に比べ、90年後半以降普及した証券化を活用する不動産投資においては、より多くの関係者が取引に関与することから、説明責任は高まる。したがって、取引の利害関係者に対する情報開示を充実したのは自然な流れともいえる。  ただし、情報開示による透明性の向上が議論される場合、取引の際 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月2日