資格・試験

その他

住宅性能検査協、太陽光発電の専門家養成、「任意資格」10月にスタート

 太陽光発電(PV)の専門家「太陽光発電アドバイザー」を養成する任意資格が始動する。資格を運営する日本住宅性能検査協会(東京都港区、大谷昭二理事長)によると、PVの関心が高まる一方で販売や施工をめぐるトラブルは増加傾向にあるといい、同協会では中立的な立場からアドバイスする専門家の役割は今後高まると見ている。  10月8日に第1回試験を全国7カ所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡)で実施す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月2日