統計・データ

その他

23区空室率さらに悪化/IDSS調べ

 東京23区の空室率は7・0%と前期(03年3月期)に比べ0・4ポイントの上昇―生駒データサービスシステムの「2003年9月期オフィス空室率・賃料速報」で分かった。\n 主要5区(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)の空室率も7・1%(前期比0・4ポイント上昇)と7%を越えた。前期までに新築の大型ビルへ移転を行った企業が入居していたビルの空室が、顕在化したことなどから、空室率が上昇している。\ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2003年10月23日