その他

連載

大家検定講師 沖野元の「知識は力なり」(13)、最終決断は大家、業者に責任転嫁するな、不動産業者とのコミュニケーション

 前回は大家と不動産業者のコミュニケーションの重要性についての内容だった。  大家にとって自分の物件が案内されるかどうかは、不動産業者にかかっていると言っていいだろう。実際、業者は多くの物件の中からいくつかを「選んで」お客さまに紹介する。業者のもとには数百枚もの物件図面があり、その中からAという物件を選ぼうが、Bという物件を選ぼうがまったく業者の自由である。  もちろんお客さまごとに希望に合った物 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2012年7月2日